2005年10月31日

●血だらけの映像で、食欲なくす

今日は一人で、ディナー~。
ディナーといっても、トースト焼いて、あまりモノの野菜とかだけだが、、、。

、、、ぱくぱくと半分ほど食べたところで、テレビをつけた。
つけた瞬間、、、交通事故の映像!
車の中に閉じ込めらている人の両手が窓から突き出し、血が滴り落ちている。。。
あのつぶれ方からして、どうみても死んでいる。

・・・食事がのど通らなくなりました。

もう慣れた(慣れるなよ、おい)とはいえ、やはり心の準備も無く、テレビつけた瞬間に見せられると食欲なくします。。。

はぁ~。なんで食事時にあんなニュース映像を流すのでしょう。
中国人は平気なのかな・・・

Posted by tkm at 19:53 | Comments [0] | Trackbacks [4]

2005年10月28日

●SOHO現代城へ、、、手が巨大化

昨夜、ベッドで横になり目をつむると、両手がとても巨大化している感覚に襲われました。以前日本に居たころによくそうした感覚になったことがあるのですが、北京に来てから初めてのような気がします。
この巨大化したような感覚、、、以前は、この手で何でもできそうだ!がんばれそうだ!という気持ちが高ぶっているときに感じていました。そう昨夜もそうした感覚に襲われ、ここ北京でまた一歩大きくブレイクスルーにつながる接点を見つけたような感じです。

というのも、昨夕、地下鉄で一時間もかけて、北京の西から東へ横断し、SOHO現代城に構えるあるデザイン会社の方とお話をしてきました。一応、就職希望面接ということで、事前に履歴書を送付し、自身の作品を手に向かいました。

やはり西と東で街を闊歩する人のスタイルが全然違いますね。特に女性が。。。SOHO現代城の住区部分を歩いたのですが、夕方6時過ぎだというのに、ほとんど人の気配無し。少々恐怖感を感じる場所でした。今はもう寒い季節になっているからかもしれませんが、、、。一方で現代城のオフィス棟部分は大勢の人で溢れていましたね。その対比があまりにも大きくてびっくり。


さて、今日の面接。実際のところ、TKMの待遇希望がとても高いのと、責任ある現在の職をそう簡単に投げ出すわけにもいかないため、最初からすぐに就職できるとは考えず、北京でがんばる日本人によるデザイン会社がどのような業務をどのような形でやっているのか、そして、そうした頑張っている人たちと知り合いになりたく、昨日は訪問したわけです。

話をいろいろしていると小さな求人広告欄を見て想像していた以上に、面白そう!!
そしてこうなんていうか、スタイルというか、スタンスというか、、、とても近いものを感じてしまいました。今後、この北京で世界に通用する楽しそうなプロジェクトに参加できそうです。

ということで、昨夜ベッドの中で手が巨大化していたんですね。。。

Posted by tkm at 09:26 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年10月26日

●北京の金魚一ヶ月

家で金魚を飼い始めて一ヶ月。以前、何匹か飼いましたが、すぐに死なせてしまいました。そのため、今回はちゃんと大き目の水槽と濾過装置をセットして本格的に。といってもわずか合計30元でしたが。。。
世話が面倒だとはいえ、家の中に生物がいるってやはり気持ちがいいものです。

最近気がついたのですが、三匹の金魚のうち一匹。一番負けん気が強く元気いっぱいで気性が荒らそうなやつがいます。餌をものすごい勢いで食べ、いつも口の中をいっぱいにしています。そこまでは普通かもしれません。
しかし、口をもぐもぐしていたかと思うと、、、突然、、、

「ゲホっ」

いきなり口の中の餌を吐き出していました。
そして吐き出した餌をまた一生懸命食べる。
吐き出した餌を別の金魚が食べていると、そいつを追いかけまわす。


どこの世界にでもそういうやつっているんですね。
気をつけよう。

Posted by tkm at 21:00 | Comments [0] | Trackbacks [3]

●いいかげんにしてくれ、、、靖国

こう気になって仕方ないんですよね。中国人たちからどう見られているのか。。。北京で生活する上で、中国人たちと付き合っていかなければいけない状況で、、、毎日出会う中国人から見て、少なくともTKMは日本を代表してしまっているわけで、、、。
最近、こうなんかムカムカきているので、以下記します。。。


両国それぞれの国民感情とか、あの戦争をどう見るかとか、参拝が違憲か合憲かなどの諸々の事情はともかく、客観的に両国の政治的やりとりを見ていて、このままでは日本に軍配があがりそうです。
韓国でも結局一度は訪日中止を発表した外相が前言撤回し、来月来日し、新しい対日新方針は骨抜きもいいところ。
<韓国>靖国問題受け対日新方針 首脳レベルは強硬
 ・過度な緊張関係は望まないが、靖国問題では明確な姿勢を示す
 ・靖国問題など政治問題とその他の一般外交問題を区別
 ・靖国問題については譲歩しない一方、北朝鮮政策では連携
結局、「靖国参拝反対です」の言葉だけで日本政府にとっては実害無し。
そして中国でもこのありさま。

 対日関係重視せよ、上海当局がメディア工作
 靖国参拝で抑制報道を指示 中国、デモ発生を警戒か
 首相靖国参拝 「反日」抑制、現実対応に 中国、経済交流の拡大重視
 反日行動の情報なし=靖国参拝後初の週末-中国
 <靖国参拝>中国、抗議活動行われず 政府は安定優先


今回の参拝に対して中国政府側がなんらか、日本に対して一発かまさないと首相の参拝に対して、問題が起きないことになり、また外交カードとして使えなくなってしまいそうです。単に批判声明の発表だけで、日本にとってはなんら実害のないことになります。
もし、今後も続く首相の参拝に対して、今回の参拝と同様の反応しか中韓の政府が示さないのであれば、85年の中曽根参拝以来、20年間の日中、日韓の間における靖国問題に決着をつけることになり、小泉首相は歴史に名を残す大功績を挙げたことになります。今回の10月17日は歴史の転換点としてそう記録されるでしょう。

=======

あ~もう!!!それでいいのか!中国人民!!

本当にA級戦犯が祭られている神社への参拝が感情として許せないのであれば、徹底的に中国政府のケツたたいて、日本政府への強気の姿勢を崩させないようにするべきだろ!政府からの反日教育、反日洗脳なんかじゃなく、人民の深い奥底の感情として靖国参拝が不満であるならば、今後続く政府の意図的な反日運動抑制や、反日ではなくさせようとする言論統制に強く反抗するべきで、統制による情報を真に受けるべきではないぞ!そして決して靖国を理解したりするな!もし靖国参拝を理解するようなら、今までの反日洗脳を認めることになるか、無知のまま単に靖国参拝を批判していた、バカ丸出しだった、、。そういうことになるからな。

日中間の歴史問題を中国人と会話すると、頻繁に「反日教育ではなく、近親者から当時のことを聞く実体験があるからだ」とし、靖国参拝に不満だという。そういうのを今まで見聞するに、それもそうかと納得していたんだからな。。。そう感じた気持ちに裏切るようなことをしないでくれ!

=======

中国政府にとっては、靖国参拝に反対することのメリットよりもデメリットが大きくなった、、、ただそれだけの政府としての冷静な大人な判断なのでしょう。道徳(靖国参拝に反対)を捨て、実益(対日関係重視)を取ったということでしょうか。いかにも中国人らしい?

中国政府の対応はとても理解できますが、それに従順に統制されて、政府の掌で踊らされている中国人民を見るかと思うとなんだか情けなくてしかたありません。

こんなことを感じてしまうTKMはいったいなんなのでしょう。自分にも嫌気がさしてきている今日この頃です。

Posted by tkm at 17:07 | Comments [2] | Trackbacks [1]

2005年10月24日

●日本が嫌い!でも、17日の靖国を知らなかった中国人。

土曜日。
北京GREE会に初参加。15分ほど遅れて東来順に到着。すでに40数名の方が涮羊肉をつっつきあっていました。噂によると白酒の乾杯乾杯でたいへんだと聞いていましたが、想像していたほどでもなく一安心。

帰り、タクシーの運ちゃんが、日本人とわかり、いろいろ話しかけてきました。いつもは無視するのですが、こちらも少々酔いが回っていたので、いろいろからんでしまいました。ごめんなさい。

運ちゃん(以後、運)「日本人は、特に女性は、好きだけど、日本は本当に悪い国だ。日本が大嫌いだ。」
TKM(以後、T)「運ちゃん、、、かわいそうだね。。。ところで、何がそんなに嫌いなの?」
運「日本政府も、日本企業も大嫌いだ」
TKM「なぜ日本企業も?」
運「トヨタとかしっているか?中国の○×○×・・・・・、、、・・・・。・・・・、・・・・・・・・。」
タクシーの運転手だけあって自動車業界のことについてたいへん詳しい様子。あまりにも専門すぎてぜんぜん話ついていけず。
TKM「よくわからないけど、日本企業が中国企業を利用して金儲けばかりしているということだね。でも、そんなのどこの国の企業でも一緒じゃないの?ビジネスは、相互利益でなりたつものだろうから、中国の企業も大きな利益があるじゃないか。」
運「確かにその通りだけど、、、・・・・、・。・・・。。・・・・・・・・・、・・・。」
また同じようなことを繰り返しているけど、本当にわからん。
運「日本の政府も大嫌いだ。どうせまた靖国神社に行くんだろう?」
TKM「え?何言っているの?17日に小泉さん行ったんだよ。」
運「え?そうなのか?全然知らないよ。嘘つくなよ。騙すなよ。」
TKM「テレビでも新聞でもやっていたよ。でも以前と比べて明らかに少なかったけどね。」
全然信じてくれない様子。何かぶつぶつ言っているが聞き取れず。
TKM「なぜ最初に運ちゃんのことをかわいそうって言ったかわかる?どうせ中国で中国語のニュースしか見て無いんでしょう?TKMは、日本のニュースも中国のニュースもどちらも見れて、どちらの理屈も知ることができる。でも、一方のニュースだけしか知らずに、他方を非難するのは、かわいそうだと思うんだよ。日本って運ちゃんが知っているよりよっぽどいい国だよ。」
その後運ちゃん、黙ってしまいました・・・。

運ちゃんへ。ごめんね酔っ払いがからんでしまって。。。

Posted by tkm at 11:28 | Comments [0] | Trackbacks [8]

●牡蠣でお腹いっぱい at 地安门东大街 酷爱串吧

昨日日曜日。
街に出たついでに、情報誌に紹介されていた串焼きのお店に行ってきました。
わりと新しいお店らしく、二階建てのきれいな店内。串は定番の羊肉串はもちろん、ベーコン巻きや海老などもあります。串の値段は1-5元ほど。その他串セットや、焼き魚、面や石焼ビビンバなどもありました。

そして、今日のお勧めがなんとカキ!!

これだけの量(もうすでに2-3個食べた)でたったの22元(約300円)。カキなんて久しぶりです。2年前に大連で生牡蠣食べて以来でしょうか。
カキから出てくる汁がすべて蒸発して無くなってしまっていたのが残念ですが。。。

店名:酷爱串吧
場所:地安门东大街60号

今度日本から友人が旅行に来たら、鼓楼近辺の胡同をぶらぶら、夕食にこの酷串で食べて、南锣鼓巷のバーもしくはカフェでまったりして、〆に奶酪店かな。


おまけ。胡同で見つけた変な店。

なんで名古屋?

Posted by tkm at 10:46 | Comments [0] | Trackbacks [12]

2005年10月21日

●社会によって対応を変えるカナと。

みなさんに聞いてみたい質問があります。できるだけ多くの人に回答いただきたいです。ご協力是非是非よろしくお願いします!
知り合いのきたむーさんがこのようにブログ書き込みがありました。
どのような意図で聞いているのかわかりませんが、なんだ今、暇なのでまじめにお付き合いします。


社会によって対応を変えるカナと。

●一昔前の日本も、その状況と似通っていたと思います。どちらかというと、地方の長から率先して中央の官僚に賄賂(接待)を渡していたのでは?それによって中央から公共工事の名の下に、大きなお金が地方に注ぎ込まれ、それが地方の雇用を生み出し、若者が定住し、地域が活性化し、経済がよくまわり、社会が便利になっていった。おかげで、土建国家と言われるようになったわけですが。
そのような社会の循環があるならば、そのための賄賂や接待は、一概に悪ではないと思うので、率先して役人に賄賂を渡すかなと思います。

●しかし、現在のような日本の状況では、中央からの公共工事が期待できないため、地域を良くして行くサイクルが崩れてしまっているので、そうした賄賂要求には答えられませんね。別の道を探ります。

●さらにもし中国なら?
その役人を越えて、山を越え谷を越え、首都を目指し、長い長いその行程のなかの心境を手記にまとめ、手記には村民の気持ちを書き連ねるとともに、国内のそうした行政体質がいかに間違っていて、問題なのかを客観的に厳しく批判し、国内外の各メディアにその手記を送り、さらにネット上の多くのBBSに一斉に書き込み、首都に着いたならば事前予告を各マスコミに通達して、直接国に訴え、もし門前払いされたら、天安門ででも焼身自殺するかな?


典型的な日本人ですので、物事に明確な善悪なんてつけられません。
世間の目を気にする小心者(?)ですからね。時々の世間の流れにあわせます。

Posted by tkm at 14:23 | Comments [0] | Trackbacks [12]

2005年10月20日

●抗日の勝利?森ビル上海環球金融中心のデザインが変わった!!

20051020a.jpg

昨日のニュースで森ビルの上海環球金融中心がついに動き出すとのこと。
<森ビル>上海の超高層ビル、08年に完成
諸々の事情により、建設工事がストップしていましたが、ついに完成までの見通しがたったようです。さっそく森ビルのホームページで確認。
超高層複合ビルプロジェクト「上海環球金融中心」施設計画確定

え~~~!!
デザインが変わっている。
なんかかっこ悪くなっていない?

20051020b.jpg

この建築は昨年、建築デザイン賞まで受賞しているのですが・・・
上海:世界一ノッポビルに「建設デザイン大賞」
こんなこといいのでしょうか?
デザイン変更に関して、森ビルのプレスリリースにはどこにも載っていません。いったいこれはどうしたことなのでしょう?

実は・・・


この建築、2003年ごろの中国の建築BBSでけっこうお祭りになっていました。
お祭りの場所はここ(中国語)。。。
なぜかと言うと、、、こういうことです。

昨日付けのニュース
=====
上海金融中心改日旗設計(中国語)
上海の金融センター日の丸デザインを改める
中日関係の緊張によって建築の設計にもかなり敏感になっている。高さ492mの上海環球金融センターは各界からの質疑で、日本の国旗のようだと質問されていた。論争を引き起こしてた頂部の円形部分はすでに正方形に変更し、費用を抑えられ、容易に施工ができるから(設計者曰く)であると、デベロッパーの森ビルは昨日上海で発表した。

上海環球金融センターは101階の高層ビルであり、昨日森ビルの総裁が言うには、当局からその設計に非常に関心があると伝えられていた。論議を誘発するのはビル全体の頂部のデザインで、2000年に金沢市石川護国神社に建立した、「大東亜聖戦大碑」に似ており、デザイン思想は日本の日本群島が直立に立っており、頂部は日本国旗の太陽、反対者は、日本のデベロッパーが上海のシンボルタワーを「日本よる上海の大東亜聖戦大碑」と指摘していた。
======

絵で説明すると、こういうことですね。ハイ。

20051020c.jpg

とても想像力豊かなのに驚きです。

この上海環球金融センターのとなりには、同じく高層ビルの金茂大厦があります。
つまり、金茂大厦はいわゆる中国であるわけで、、、日の丸が中国を見下ろすことになり、我慢できないのでしょうかね。

20051020d.jpg

ということで、例のBBSでは、お祭り騒ぎに・・・

「看来舆论的力量很大,抗日的人们终于胜利了!(世論の力はとても多きい、抗日の人民ついに勝利した!)」

しかし、後々の書き込みを見ていると、、、

「感觉设计被无知的人们强奸了. 想呕.. (設計が無知な人たちによって強姦されたように感じる。吐きたい。。)」
「只能说原来的设计很好,现在由于某些荒谬的因素被糟蹋了. 想必设计师也是经过一番激烈的天人交战后,挥泪斩马超.. (元のデザインが良いとしか言えなくて、今はいくつかのでたらめの要因によって浪費された、きっと設計士もまた、とっても熾烈な天人と交戦後、涙を呑んで、、)」

すっかりお祭り騒ぎになっていると思ったのですが、かなりまともな人たちが増えています。賛成と反対(反日)で半々くらいでしょうか?
正直とても安心しました。

なんというかとても被害妄想で卑屈な人間が、ものすごいこじ付けで、ぶつぶつ言っているという感じがします。まともな感覚の他の中国人がかわいそう。おそらく、ネット上である誰かが、一言、
 「あれ、日本の国旗に似てないか?」
その一言から、上海のランドマークタワーの一大プロジェクトのデザインを変えてしまうのだからすごいことです。
ランドマークタワーを日本の金で作らずに自前でつくれよ!って思ったのはTKMだけ?

ちなみに、ニュース中の金沢市石川護国神社に建立の碑を見つけたのでリンクしておきます。
たしかに、、、

Posted by tkm at 22:15 | Comments [24] | Trackbacks [182]

●日本の建築家占い

友人のtomoのBLOGで紹介されていた「日本の建築家占い」をやってみた。

谷口吉生!!!
おっ~いいねぇ。なになに・・・
===============
TKMさんは谷口吉生 建築家です!
谷口吉生さんのあなたは、持ち前の明るさで周りを照らす太陽のような人です。意識的に励ますのではなく、自分が輝くことによって、みんなに勇気と希望を与えることができます。そんなあなただけに、パワーを分け与えすぎてしまって、ひとりになるとドッと落ち込むナイーヴさも…。それでも自分のことより人のことを大事に考えてしまうのがあなたなのです。人のグチは聞くのに、自分のつらさは隠してしまいます。それがあなたの長所でもあるのですが、爆発してしまう恐れも。適度なガス抜きは大切ですので、太陽の明るさを保つためにも、たまには人に甘えてみてください。いつもあなたに助けてもらっている人が、今度はあなたの役に立てたと喜ぶかもしれません。
===============

なるほどねぇ~。当たっているのかいないのか。
とりあえずモヤシを育てろとのこと。
モヤシねぇ~。

Posted by tkm at 19:05 | Comments [1] | Trackbacks [1]

2005年10月19日

●东升大厦の新しいショッピングセンターまもなく開店!!

正直なところ、N・マートがつぶれて以来、食生活が外食が多くなったTKMです。

ようやく新しい店、「易?莲花(名前失念)」が開店しそう。本日夕方、一階店舗には商品が綺麗にならび、エントランスには中の様子を覗く大勢の人々。
おそらく明日ぐらいから試験営業といったところでしょうか。

「易?莲花(名前失念)」と言えば、金源時代購物中心の地下にあるスーパー。あこのスーパー結構好きなんですよね。生鮮食品が衛生的で豊富。期待しまくりです。

あ~これでまたサラダ生活が可能!!
目的はただただ生野菜だったりする。

Posted by tkm at 18:25 | Comments [0] | Trackbacks [8]

●靖国参拝とかけて神舟6号帰還 そのこころは、、、裏の外交?

なんだか、今回の靖国参拝の中国側報道。とてもトーンが小さいく感じるのはTKMだけでしょうか。もちろん神舟6号帰還の一大イベントがあったからではあるのですが、、、。
それでも、新聞記事などの扱いも、以前の2004年1月の時と比べて格段に少ない気がします。今のところ新聞の一面にデカデカと小泉さんの顔が飾られることも無く平穏に過ぎています。

以上のことから、神舟6号帰還と靖国参拝には両国の間でなんらかの裏取引があると感じるようになりました。
============
行きがかり上、中国、韓国による批判は当然、予想していたが、大使館や政府スポークスマンなどは激しい言葉遣いをしないと自分の立場が危なくなる人たちだ。日本に言っているのではなく、自分の後ろに向かって言っているのだと解釈すべきだ。
========ソース===
「自分の後ろに向かって言っている」なるほどなと思いました。確かに、今回新聞で報道される内容やテレビでのニュースは、いずれも李肇星部長(外交部)や、王毅さん(駐日大使)の声明。そしてその声明はいままでの以上の厳しい謳い文句。
それ以外は、韓国の反応や、日本各分野や新聞各紙の反対報道内容。その程度。非常に軽い扱い。

===========
 一方で、首相サイドは昨年十一月のラオスとチリ、今年四月のインドネシアと過去三回開かれた日中首脳会談の前に「首相は時期は別として、靖国神社を参拝する。それでもいいなら会談を受ける」と非公式に打診していた。

 それでも中国側が会談に応じたのは、表では国内向けに靖国参拝を批判はするが、裏では首相の靖国参拝をあきらめ、他の課題について協議する損得勘定をしていたためともいえる。

 このため、中国が、歴史問題で日本に踏み絵を迫り、「日本より優位に立つための口実に過ぎない」(周辺)と首相が見切っていたフシがある。
========ソース===
もうすでにこのときに中国中央部は日本側に大きく譲歩していたわけです。こういうことは、中国政府にとって、中国国民に知られたくないわけですから、あとは今年中に必ずする小泉さんの靖国参拝をうまく軟着陸できれば、つまりもっとも都合のいい時期に、もっとも効率的に中国人民の目をそらせることができれば、それで両国ともうまく収まるわけです。

ということで、絶妙のタイミング17日という、中国国民が皆、神舟6号の帰還に釘付けの最中に小泉さんは訪問したのでしょう。そのことによって、テレビでも新聞でもしばらくは、神舟6号のニュース一色で、靖国参拝はさらっと触れるだけの今の状況が生まれているわけです。中国政府にとっては、国威発揚できるならば、神舟6号でも靖国問題でもどっちでもよかったんだと思います。しかし、すでに中国政府は損得勘定によって靖国問題で日本側に譲歩しているわけですから、国民の目をそらすことを一番に狙ったのでしょう。

こうすることによって、中国政府にとっても日本政府にとっても、誰も損することなく、ちょうど良い落としどころとなるわけですね。したがって、今回の靖国関連ニュースは中国国内においてとても小さくなっているわけです。


以前からずーっと思っているのですが、日中両国には外務省や外交部を通じずに、小泉さんと胡さんの間に裏の外交があるようにしてなりません。大局的な見地で利害が一致しているように感じます。もちろん表面的なところ、個別の事象では、やりあっていますが、、、。
そう考えると、ひとつひとつのことで一喜一憂しているのがあほらしくなるとともに、両国とってとてもいい未来が来る希望がもてます。

裏の外交の存在。。。まさかね・・・・。

Posted by tkm at 10:18 | Comments [0] | Trackbacks [8]

2005年10月17日

●一日中「神舟回家」。靖国そっちのけ。

靖国の報道はぜんぜんですね。
今朝の神舟6号の帰還特番でいっぱいいっぱい!靖国のことなんかそっちのけ。
小泉さんはそのことも計算に入れていたのかもしれません。
きっと中国よりも日本の報道の方が、靖国関連報道をいっぱいで、それも靖国参拝反対の論調でしょう。。。

あちこちの番組で「神舟回家」特番。見ていていいかげん疲れてきました。これを白けた目で見ている老百姓が大部分だと思うと、「偉大な~」とか聞いているとなんだか笑いが出てきます。
宇宙開発よりも貧民対策とかありふれた非難は中国の内政問題なので、どうでもいいのですが、、、。今回も神舟5号と同じように、偵察衛星を分離したのでしょうか?そうした軍事利用に関する情報は一切流れません。前回の五号のときは、偵察衛星を分離し5ヶ月間に渡って情報収集をしていたそうです。
日本も平和(軍事転用可)利用の偵察衛星をあげていますから、宇宙の軍事利用や偵察衛星を否定するわけではありませんが、、、。偵察衛星をあげていますよ。とその存在と目的を明確にしたほうがいいのではと思います。
何も言わずにひた隠しにし、中国政府の公式見解が無いままだと、憶測が憶測を呼んで必要以上に他国へ脅威を与える結果となっていると思います。またアメリカの中国脅威という情報操作に世界が踊らされることになるような気がしてなりません。昨日の産経新聞なんかも宇宙軍創設なんていう少々悪意を感じる記事がありましたし、、、。
せめて、
 公式見解(目的等)
 具体的な設備装備
 予算/費用
など諸外国に発表してほしいなと思います。
1996年2月14日の宇宙開発の世界史上もっとも悲惨な事故もひた隠しですし。。。
映像はこちらディスカバリーチャンネル

こうあまりにも謎に満ちているから、批判や憶測が一人歩きするわけで、本当に宇宙軍を創設し、衛星攻撃レーザー兵器なんてガンダム顔負けの武器開発が本気で論じられているのではと、マジで信じてしまいますよ。

Posted by tkm at 17:38 | Comments [0] | Trackbacks [7]

●ド○えもんとア○パ○マンに耳生えた!?

家から徒歩10分ほどの距離に、日本のアニメやマスコットのグッズショップが二店ほどあります。いわゆる哈日族って人たちのショップになるのでしょうか。
その一店で見つけた、アン○ン○ン?ド○え○ん?おそらく右奥に見えるのはスーパー○ン。

偽物を本物として偽って販売するのは、客を騙して大きな利益を上げるので、、、決して許されることではないでしょう。。。
偽物を偽物としてそれなりの質や価格で販売するのは、、、客もわかっていて購入しているのだから、、、まぁ最低限人の道には反して無いように感じます。

そして、今回見つけたこれらキャラクター、、、
アンパンマンではない!ドラえもんではない!と言えば、確かに違う。アレンジして新しいキャラクターにしている?
これは許されるのでしょうか?


既存の技術を応用し作り変えて、より便利でいいモノをつくる。それは日本が得意としてきたこと。自動車であったりエアコンであったり冷蔵庫であったり。自動車も初期のころは、外国製品とデザインが似通ったりしたものが散見されたといいいます(今の中国の状況と同じ?)。

今、中国は模倣から創造の時代にものすごい勢いで進んでいるように感じます。そうした電化製品以外でも、マスコットやキャラクターなどでも、頻繁に中国生まれのモノを広告などで目にするようになりました。

このアンパ○マンとドラ○もんたちも何体も並ぶと、とても可愛い。
新しいキャラクターのように感じました。

Posted by tkm at 13:25 | Comments [0] | Trackbacks [1]

●あと30分ほどで、小泉さんが靖国へ。。。

やっぱ秋の例大祭だった。。。もうこれしかタイミングとしてはないですからね。
でも今日の産経新聞一面に、「対日現実路線へ転換か」というニュースが流れていたのに、、、それも一気にふっとびことになりそうです。

今日はそれほど忙しくもないので、家でニュースをずっとつけておこうか。。。
いつ、どのようなタイミングでどのように報道されるのだろう?
在中日本人にとって、少々気を使いながら面倒くさい日々になりそう。

Posted by tkm at 08:33 | Comments [0] | Trackbacks [19]

●2005ANA北京国際マラソン 

昨日の北京マラソン。「万全の体制で臨む(先週の新聞記事)」としていた当局。
たいへんだったようですね。。。生で見てなかったので、ちょっと記録記録。

北京マラソンと、おとぼけ人民の皆様

人民にも何が駄目で何をしていてもいいのか、その判断ってわからないはずだと思います。失敗は隠さずに事実を明らかに、そして今後の対応と対策を!!

がんばれ五輪。

追記:
マラソンで近道、優勝OK!? 北京五輪控えてずさん運営
柔道元五輪王者が「無気力試合」 中国「全国運動会」

Posted by tkm at 08:19 | Comments [0] | Trackbacks [111]

2005年10月14日

●階下のおばあちゃんにゴミ取られる。

朝、寒さで目が覚めた、、、、。
ニュースを見ると今朝の最低気温なんと6度。
秋が終わる、、、もう冬だ、、、。
夜、いつも窓を開けて寝ていたけど、今夜から閉めて寝るようにしよう、、、。
これからが辛い季節。

ひとつ下に住むおばあちゃん。いつも顔を見たら挨拶や世間話などをする間柄。
先ほどゴミ袋とペットボトルを手に外に出た。
するとそのおばあちゃん。TKMの手にゴミ袋持っているのを見て一言。。。

   「それちょうだい」

ペットボトルを手渡すと、、、なんとゴミ袋も欲しいという。
・・・マジっすか。
あせった、、、ゴミ袋の中に、変なゴミが無かったか・・・

  ん~。あ~。やばいかも・・・

もう時すでに遅し。おばあちゃんはゴミ袋を手に自分の家の中に入っていった。
いくらスチール製品や紙くずでも集めれば金になるとはいえ、、、まいった~。。。

そのおばあちゃん。おそらく夫婦で資産は最低でも30万元(430万円)はあるだろう。そう今住んでいるその家の価値。
中国ではまぁある程度金持ちの部類のはず。しかしそれだけの資産を持つ金持ちだということをおばあちゃんは知らない。。。

Posted by tkm at 10:43 | Comments [0] | Trackbacks [5]

●0007「今日美術館」

設計者:王辉
竣工年:2004年?
住所:北京市朝阳区百子湾路32号(苹果社区)
タイプ:美術館?
URL:その1


今日美術館、、、たまたま情報誌を眺めていて見つけたので行って来ました。しかしそこは現在、苹果社区の售楼处となっており、建物内部は、大きな模型や商談スペースとなっていました。
一応エントランス全面にアートオブジェクトとして航空機の翼が置かれていましたが、、、。

この美術館、所謂リノベーションのひとつで、元々工場だったのを改装し、美術館に転用したものとなっています。二階へのエントランスに向けたアプローチを新しく付加し、展示空間の壁面には、個室(研究スペース?)を付加してありました。
このような規模のリノベーションは北京では珍しいような気がします。普通だったら、この苹果社区の開発のなかで、古い建物をすべて壊し、現代的な建築をつくっていくと思います。

この苹果社区。住居部分はもうすでに完成しており、現在、オフィス棟の建設工事が進められています。そのオフィス等の南側に低層のショップ+オフィス棟を計画しているようで、そちらの方が今日美術館より興味をそそられました。
その低層部分は四合院を思わせる外観。その提案的な姿勢に惹かれつつ、具体的な使われ方がどのようになっていくかを夢想していました。
これが完成したときにまた訪れてみたいです。

Posted by tkm at 10:00 | Comments [2] | Trackbacks [4]

●0006「北京フェリシモ生活提案店」

設計者:SAKO建筑設計工社
竣工年:2004年8月
住所:北京市朝陽区向軍南里2巷甲5号雨霖大厦1階
タイプ:店舗
URL:その1その2その3
JCDデザイン賞2005優秀賞

白い空間。
あの日本のコンビニの明るさを思い出させるその空間は、北京では特異な雰囲気を醸し出していました。
雨霖大厦一階、フェリシモのエントランス付近は、大通りから奥まった場所であり、少々薄暗い寂しい場所です。そこに突如として現れた白い空間。
夜中山道を車で走り、コンビニの光に癒されるあの感覚。ようやくたどり着いたフェリシモはまさにそんな感じでした。





二種類のキューブの組み合わせ。空間の多様性をいかようにでも引き出せ、クライアント側が今後自由に可変可能性があるシステム。こうした非常にシンプルなことですが、北京のショップはこのような提案的な空間を見かけることがとても少ないです。
雑誌に載っている写真では、商品がきれいに整頓されて非常に洗練された空間のようでしたが、、、実際は、商品の置きすぎのためか少々圧迫感を感じ、また客がくちゃくちゃにした服がそのままになっていたりと、使う側の空間の質に対する姿勢がちょっと問題かなと感じました。もう少し引き出しタイプのキューブを設けて、不必要な商品や同種の商品を収納しておく気遣いがあってもいいかと思います。

現場にて900個のキューブを1/1で施工。とても楽しみながら設計をしている姿が目に浮かびます。おそらく施工直後は様々なタイプの組み合わせが作られていたのではないかと感じますが、商品をできるかぎり置こうとしたのか、現在はとてもシンプルな組み合わせばかりになっていたように感じます。

(2005年10月)

Posted by tkm at 09:01 | Comments [0] | Trackbacks [11]

2005年10月12日

●なぜみんな無関心(゜o゜)・・・神船6号

朝から、楽しいショーを見て、心高ぶらせながら、今日出会った中国人に、感想を求めた。。。

「興味ないね」
「関係ないよ」
「直接自分になんの意味も無い。勝手にすれば」
「もっと別のところにお金使ってくれよ」

みんなつれない返事。
今日の环球时报などを見せながら、すごいねすごいね~って誘導していたのですが、老百姓にとってはまったく人事のご様子。

もしこれが日本だったら、ものすごくうれしいし、自信を持てるし、なんか力をもらえるけどなぁ~。
その环球时报。記事で一生懸命、中国の力を鼓舞する記述。おろそくそうでもしないと、人民の雰囲気が高ぶらないんだろうな、、、そうして共産党への国家統合の求心力をつくろうとする面もあるのだと、、、。

Posted by tkm at 20:43 | Comments [0] | Trackbacks [11]

●神舟6号 発射

今、テレビで中継しています。
飛行船内の内部の映像や、北京衛星発射中心に集まっている领导たちの表情などなど。
あと二分だって。。。

それにしても、すごいね生中継だなんて、、、。
さきほどセンター内の時間表示が出ていましたが、タイムラグなしの生中継。
もし失敗したら国の威信に関わるぞ。

あと50秒

なんかドキドキする。

あと30秒

すげ~、、、

10秒

まじっすよ。

点火!!!!!!!!!

ゴォーゴォーゴォーゴォーゴォー

すげーーーー無事に打ちあがってあっという間に雲の中に消えていった。

映像がアニメになったよ。おいおい。。。ここでアニメにするなよ。

あ、船内の様子に切り替わった。
宇宙飛行士ぴくりとも動いて無いぞ?

無事第一ロケット分離。
みんな拍手の音。
ちゃんと映像で分離の様子を見せている。

第二ロケット分離。
お~完璧っす。

ありゃりゃ、またアニメで次々の分離してく様子を見せている。
拍手拍手拍手

さっ仕事しなきゃ。

Posted by tkm at 08:56 | Comments [2] | Trackbacks [3]

2005年10月08日

●中国は連休終了、でもTKMは連休初日

世の中、昨日7日で国慶節の連休終了。
しかし日本の暦では、今日から三連休!!
ということで、日本の暦で仕事をしているTKMは、この一週間通常の30%労働(協力会社が休日モードのため)で、今日からは完全休日!!正直、10連休気分です。
連休初日の今日、地坛公园で開催中の书市へ出かけました。书市というのは、破格の値段で本を売りさばいています。書籍の流通のシステムはよくわかりませんが、各本屋で売れ残った本は、別に出版社へ返送されるのではなく、闇へ流れていくようです。そのため、特に雑誌に見られるのですが、大量に出版して大量に売れ残ったとしても、出版社側が負担が少ないようで、半年前や一年前の雑誌が破格の値段で取引されています。それらが一同に集まった书市。
毎回、书市に行くと、建築関係の本を数冊いつも買っていたのですが、、、今日はまったくいいものに出会えません。
疲れ果てて、昼には寂しく帰りました。。。

Posted by tkm at 23:58 | Comments [0] | Trackbacks [54]

2005年10月07日

●北京で建築設計したい人この指とまれ

現在建外SOHOに事務所を構えるSAKO建築設計工社でアルバイト募集中のこと。
SAKO建築設計工社を率いる迫 慶一郎さんは、山本理顕設計工場から建外SOHOプロジェクトを機に北京にそのままいつ居てしまった(?)人です。
今後がまだまだ期待できる中国を肌で感じるおもしろいチャンスです。興味のある人はチャレンジしてみては?

以下、建築ブックマーク[求人情報掲示板]より引用
=====
中国北京建外SOHOに事務所を構えるアトリエ設計事務所です。
意欲のある方を募集致します。

●募集内容
・設計アシスタント
※アルバイト期間内は以下を給与とします。
 ・飛行機代(成田→北京)
 ・ビザ代
 ・滞在期間中の食費・宿泊費


●応募資格
・長期(1ヶ月以上)で中国北京での勤務が可能な方
・VectorWorks・Photoshop・Illustratorを操作できる方
・意欲のある方


●応募方法
・履歴書をe-mailにてお送り下さい。後日ご連絡致します。

●連絡先
・〒100022 中国北京市朝陽区東三環中路39号 建外SOHO 2号楼 0801
 TEL : +86-10-5869-0901
 FAX : +86-10-5869-1317
 E-mail : fujii@sksk.cn  担当:藤井
=====

Posted by tkm at 20:12 | Comments [0] | Trackbacks [6]

2005年10月06日

●ネットを用いたケイタイ短信送信方法

中国の大手ポータルサイトは、ネット上から短信を送るサービスがあります。最近新しいケイタイに買い換えたのですが、中国語入力が以前から比べて少々不便,,,というかまだ慣れてない。そこで、パソコンを用いて中国語を入力し送信することにしました。

いくつかのサービスのあるなかで、最近使い始めた网易でのサービスを紹介します。まだすべてを試したわけではありませんが、おそらく最も使い勝手がいいのではないかと思います。
================
1:网易top-通讯-短信-自写短信(+高级)のページ
20051006a.jpg
「您手机号:」に自分のケイタイ
「内容:」に相手へのメッセージを記入します。
そして「确定」をクリックすると、次のページへ進みます。


2:「移动梦网用户登录」
20051006b.jpg
ここで「附加码」というのは、となりに画像で示された数字です。これをそのまま記入します。
「下一步」をクリックすると、即時にケイタイに一通の短信が届きます。
(最初の数回の発信のみこの「移动梦网用户登录」の手続きが必要なようです)


3:「自定义短信」
20051006c.jpg
届いた短信の中の「临时确认密码」を「短信确认码」に入力「附加码」も同様に入力します。
そして「发送给朋友」にチェックを入れ、「好友手机」に相手のケイタイ番号を入力し、「下一步」をクリック。
以上で相手に送信されます。
なお費用は、発信元のケイタイから0.1元/条となります。
================
紹介した网易のサービスは使うたびの従量制の課金となっていますが、搜狐のサービスでは、5元/月で100通まで送れるサービスがあります。こちらだと0.05元/条ですね。
各ポータルサイトによってそれぞれサービスが徐々に異なっているようです。
また、着信相手が彩信が受け取れるケイタイであれば(彩信対応であってもオプションサービスなので要申請)、よりおもしろいサービスがあります。たとえば新狼のサービスでは、
http://bf.sina.com.cn/sinarc_php/flashmms.php
変わった絵文字が送れたり、好きなように画像や文字などをレイアウトしたりできるようです。

以上は、2005年10月時点の送信方法ですので、将来的に入力画面など変更になっていくと思いますのであしからず。
ご質問などありましたら、コメントへどうぞ。

Posted by tkm at 21:58 | Comments [0] | Trackbacks [6]

●海外において日本で接するメディアとの温度差を埋めるには

今年春、中国での反日騒ぎで日本のメディアの報道と現実の中国での温度差が大きな話題になったのは記憶に新しいと思います。同じように、中国生活者が接する日本国内のニュースと現実の国内ニュースにおいても大きな差があると常々感じていました。またニュース以外においてもどのような時事情報(スポーツ、芸能、ミュージックシーンなどなど)が現在の日本で大きいのか、全然わかりません。
結果的に通常のニュースサイトや情報サイトから得る情報は自らの興味ある分野ばかりに偏り、現実に日本で生活する日本人との間でギャップを感じてしまいます。

現在海外において、現実の日本の視聴者が得る情報と変わらない情報を得る手段としては、
 1.NHK-BS
 2.SONY等のロケーションフリーテレビ
 3.数日遅れの新聞や雑誌の購読
などがあげられます。
残念ながら我が家ではNHK-BSは受信できず、、、またロケーションフリーのテレビにも憧れますが、まだまだ費用が高くて手を出せませんし、新聞や雑誌の購読料もばかになりません。

そうした中で、産経新聞が10月1日から新しいサービスを開始しました。
 産経NetView
その日の新聞朝刊をそのままの紙面でネットを介して見ることができます。月額費用もわずか315円という安さ。紙面の月々の購読料から安くなるのは当たり前にしても、315円は破格です。
ということで、さっそくサービスの申し込み。

特別専用ソフトを利用せずに、FLASHのみで閲覧が可能です。
こうGoogleMAPのあの拡大していく感覚で、新聞紙面が眺められます。少々家からのADSL接続では表示までのスピードが遅く感じますが、、、。せめて先読み機能とかつけてくれればありがたいのですが、、、とりあえずはしかたありません。あとは当日分しか閲覧できず、過去の新聞を見れないのが気にかかります。またローカルには保存できないとのこと。。。気になるニュース記事は画像としてクリップしていくことにしますけどね、、、。

このサービスでその日その日のニュースの注目度が一目でわかり、日本と中国の間で感じる差が少し縮まった気がします。
産経新聞の紙面を見ることができるといっても、結局は産経新聞が選別したニュースの注目度であるわけで、公平性に欠けるのはしかたありません。でもこうしたサービスはうれしいですね。他紙もぜひ同様のサービスを始めて欲しいものです。
あとはロケーションテレビでしょうか、、、。それさえ可能になれば、産経新聞や自分が取捨選択した情報以外もいっぱい接するようになれそうです。

Posted by tkm at 17:20 | Comments [0] | Trackbacks [2]

2005年10月05日

●ケイタイメール 送信できるが受け取れない?新しいケイタイの購入

一年前ぐらい前から頻繁に調子が悪くなっていたソニーエリクソンのケイタイ。ずーっと新しいのを買いたくて物色していたのですが、ついに新しいケイタイに買い換えました。
今回購入したのは
 PANASONIC X400 930元(約13000円)
30万画素のカメラ付。国慶節の売り出しで、2-300元一気に安くなったところをゲット。カメラ付ケイタイが最近1000元以下まで値下がりを始めてきているようです。それにしても、中国のケイタイは日本と比べると高額です。まぁ月額基本料が無いから結局同じことなんですけど。

早速カメラで撮影したものを知人のケイタイへ送信テスト。画像は彩信というMMSの方式で送信するようです。彩信は、SMSのテキストだけのショートメールではなく、画像や音声、Eメールもできるとのこと。。。
しかし、送信失敗の表示、うまくいきません。
彩信の送信以外にもネットサービスの接続もつながりません。おそらくオプションで契約が必要なのではと思い、チャイナモバイルの窓口で質問。なにやら窓口ではなくケイタイで直接申請できるそう。ややこしいので、自分でせずに開通の手続きしてもらいました。
 オプション料金 15元/月
開通のお知らせメールがすぐに届き、さっそく撮影した画像を送信!
これでケイタイでの楽しみが増えた!?

この30万画素のカメラ、簡単なメモ撮りやちょっとした記録に使いたいため、撮影した画像をパソコンへ取り込みたい。そこで、MMSはEメールも利用可能なはずなので、なんとなくMMSの送信先に普段利用している自分のメールアドレスを入力し送信!無事に送信完了との通知。
  おぉ~、、、本当に送れるとは、、、。我ながら直感がすばらしい。
しかし、いつまでたってもメール届かず。
なぜだ?なんとなく、別の中国のフリーメールアドレスを入力し送信!同様に送信完了通知。まつこと5分。なんとこちらは無事に受け取ることができました。
  おぉ~、、、。再び我ながら直感がすばらしい。
 利用不可 : 中国ケイタイ → 海外サーバーアドレス
 利用可能 : 中国ケイタイ → 国内サーバーアドレス
やはり規制が入っているんでしょうか?社会的影響が大きい中国国内で起きた事件事故など、中央政府より先に諸外国に知れ渡るのは、13億人の巨大国家を治める上で、少々危険?
さらに、受け取ったメールをWEB上から返信。アドレスは、
 +86××(ケイタイ番号)××@mmsc-bj-rsv.monternet.com
しかし、こちらは返信できず。エラーメール返ってきます。
う~んんん、、、パソコンメールから着信ができたら便利なのですが、、、

実はこのケイタイ、IrDAがついています。このケイタイを選んだもうひとつのポイントはこれですね。
IrDAがあれば、パソコンとの間で赤外線通信ができるはず。今のノートパソコンには、IrDAがついていないので、後日中関村でUSB-IrDAポートを購入してきます。
これで、画像送信費用を気にせずケイタイから直接パソコンに画像を取り込めるようになります。

しばらく彩信生活を楽しんでみようと思います。

Posted by tkm at 10:34 | Comments [0] | Trackbacks [7]

2005年10月01日

●日本を知らなさ過ぎる中国人

昨日、ちょっと知り合った中国人。
お互いの出身地やどういう経歴でなどなど、たわいの無い話をしていたら、突然「やっぱ靖国神社に小泉が行くのは反省が足りないんだと思う・・・そういうところがあるから日本の政府は好きになれないなぁ」
などと政治的な話に。
まぁニュース情報に踊らされて、自ら思考しない中国人のようにしか思えなかったので、別に突っ込んで話もせずに適当に応対していて、次の話に、、、。

彼女「日本語であなたの名前はなんて言うの?」
TKM「×○×○って発音するよ。」
彼女「どんな字を書くの?」
TKM「・・・?」
TKM「・・・えっと、、、中国語の漢字と一緒なんだけど・・・。」
彼女「え?そうなの、日本に漢字があるの?」
TKM「・・・・・・・・・」

所詮こんな中国人がいっぱいなわけで、、、
日本のことは全然知らずに、毎日のように放送されている抗日戦争勝利60周年記念番組や、靖国に代表される時事問題が、日本の印象として大きく刷り込まれていく。。。


折りしもだーれんさんのエントリーで外務省が本腰をあげ始めたとの情報が、、、。
中国政府をあてにせず日本政府が直接中国人民に対して、多くの情報を発信してほしい、、、そして中国に滞在する日本人として、やるべきことがあるなと・・・

Posted by tkm at 13:30 | Comments [2] | Trackbacks [3]